広げようバイオディーゼル燃料!
リーゼルプロジェクト始動!
 水洗法や乾式法など従来の方法で精製した、これまでのバイオディーゼル燃料(通称 BDF)では、
 残念ながら、このままでは間も無く品質上の理由(原因)で使えなくなりそうです。
 新たな排ガス規制対応の高性能排ガス浄化装置搭載車や最新の建設機械では利用が困難となります。
 しかしながら・・・
 我々が提案する、高純度バイオディーゼル燃料(純度99.9%)なら安心してご使用いただけます。
 減圧蒸留法で最高純度にまで精製し、静電気式クリーナーで更に完全に清浄化処理した、
 世界最高品質の高純度バイオディーゼル燃料を、我々は ReESEL」(リーゼル) と命名しました。


 高品質を追求すると、限りなくピュアになる

 エステル純度 99.9% の完全清浄化燃料




ReESEL(リーゼル) なら、これからも安心してご使用いただけます
           
減 圧 蒸 留 精 製  : エステル純度 99.9% の高純度バイオディーゼル
            
        
完 全 浄 化 処 理 : 静電気式燃料クリーナーによる完璧な清浄化処理
                      
           
  

 リーゼルは、まったく新しいカテゴリーのバイオディーゼル燃料としてその用途を広げていきます。
 環境に優しい、地産地消エネルギーであるバイオディーゼル燃料  ➡︎ リーゼルを活用する事で
 わたしたちは、地球温暖化の防止と、地域循環型社会の活性化に貢献してまいります。

活用例


最新のクリーンディーゼル車にも、数多く使用されています。

  (写真: マツダCX−5 *その他利用車種多数あり



  災害時の復旧・復興燃料としても活躍します。
  インフラが混乱した際の重要な地域エネルギーです。

 (写真: 熊本地震の際には、消防車100台以上に活用されました)



  災害時の電力供給がストップした際の緊急用ディーゼル発電機の
  燃料としても活躍しました。
  熊本地震の際には、南阿蘇などの避難所やボランティア村などの
  発電機に活用されました。
  インフラが混乱した際の重要な地域エネルギーです。

 (写真: 崇城大学ボランティアビレッジ (熊本市) )



  数多くの建設工事や解体工事でも環境対応型の地域燃料として
  活用がどんどん拡大しています。
  地球温暖化ストップに向けて、建設業界もバイオディーゼル燃料の
  利用拡大を目標に活用されています。
  (活用企業例:鹿島建設様、西松建設様、フジタ様ほか多数実績有)

  (写真: 宇土市役所 本庁舎解体工事 (西松建設様) )




  (写真: 荒瀬ダム撤去 工事 (フジタ様) )